Live in Bunkyo Tokyo

投資信託は「eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)」1本で十分だと思う理由

 
この記事を書いている人 - WRITER -
東京出身、東京都文京区在住のアラサーサラリーマンです。 共働きで、子育て・仕事と頑張っています。 自分用のメモもかねて、日々の生活で調べた事、学んだ事、経験したことを記事にして紹介します。

投資信託「eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)」の信託報酬率が2019年8月9日よりさらに値下げになり年率 0.1296%(税込)になりました。
今回の値下げで、全世界に簡単に投資できる投資信託としては、個人的にはベストの選択肢になったと思っています。

私も早速、つみたてNISAの積立設定行いましたので、毎月33,333円積み立てていく予定です。

eMAXIS Slim全世界株式(除く日本) の概要

eMAXIS シリーズは三菱UFJ国際投信の販売する投資信託です。
その中でもeMAXIS Slimは低コストでの運用を目指した商品で、個人投資家の資産形成にはピッタリです。

eMAXIS Slim(イーマクシス スリム)シリーズは「業界最低水準の運用コストを将来にわたってめざし続ける」をコンセプトとした三菱UFJ国際投信が運用するインデックスファンドで、「他社類似ファンドの運用コストに注意を払い、機動的に信託報酬を引き下げることによって、今も、そしてこれからも業界最低水準を目指し続ける」と公表しています。実際、設定から既に数回の信託報酬引下げを行い、常に最低水準の座を維持しています。

運用会社三菱UFJ国際投信
設定日 2018年3月19日
運用形態 インデックス型
ベンチマーク MSCI All Country World Index(除く日本)(配当込み・ネット)
為替ヘッジ無し
購入時手数料 無し
信託財産留保額 無し
信託報酬(税込) 0.1296% (2019/8/9値下げ)
実質コスト 0.223%
純資産総額 70.97億円(2019.8.9時点)
(マザーファンド) 純資産総額 [先進国株式]3,372億円(2018.5.14時点)
[新興国株式]716億円(2018.5.14時点)
配金実績無し
つみたてNISA 対象

現在の基準価額は公式サイトをご覧ください。
8月2週目の米国株暴落で1割弱程度下がっていますね。

公式サイト:https://emaxis.jp/fund/253209.html#tab_outline

MSCI All Country World Index とは

MSCI All Country World Indexは、米国ニューヨークに拠点を持つMSCI社(Morgan Stanley Capital International)が提供する、世界で最も権威のある全世界株式インデックスです。

MSCI ACWI:https://www.msci.com/acwi

全世界49か国2700銘柄の株式を対象にしています。
全世界株式市場の時価総額約85%をカバーしているという事で、まさに全世界投資そのもののインデックスといえるでしょう。

国別の構成比率は以下の通り。半分以上が米国株といっていいでしょう。
中国・インドなどの新興国にも10%程度投資しています。

米国   54.41%
日本   7.58%
英国   5.21%
フランス 3.42%
中国   3.60%
その他  25.7%

  

eMAXIS Slim全世界株式(除く日本) の投資範囲

上記のMSCI All Country World Indexから日本を除いたものが、eMAXIS Slim全世界株式(除く日本) の投資範囲です。

国別構成比率は以下の通りとなります。米株比率が6割ですね。

もちろん、これだけ米国株比率が高いと、「S&P500だけじゃだめなの?」というような意見もありますし、事実、ウォーレンバフェットが妻に「私の死後はS&P500に資産の90%を投資せよ」と伝えていることからも米株投資は正しいと思います。
ただ、それだけでは無く全世界に投資してみたい!というニーズにこたえているのが本投信だと思います。

  

この投資信託を選ぶ理由

私がeMAXIS Slim全世界株式(除く日本)を選ぶ理由は以下の通りです。

  1. 手数料が業界最安水準である
  2. 日本株式には長期投資したくない
  3. 細かなリバランス不要で、これ1本で良い
  4. 米株だけでなく、新興国にも投資したい
  5. つみたてNISA銘柄である

恐らく、自分で投資したとしても、同じような比率にするんだろうな、というのが一番の決め手です。
自分で個別株を買う手間を省いてくれるのが、投資信託の最大の魅力ですからね。

個人的には、構造的に人口減少に陥った日本株には魅力は感じません。
もちろん個別株式で良いものはたくさんありますので、日本株は、別途自分で買っていくスタイルにしようと思います。(落ち目の気もしますが自社株の持ち株会も継続していますし。。)

期待リターンとリスクの考え方

期待リターンは、全世界株式ですので、全世界の経済成長率です。

株価リスクはもちろんありますし、為替リスクも有りますが、30年の投資ではあまり気にする必要はないのではないかと思います。
逆に5年後に必要な資金を投資するのであれば、為替は不明ですので、もう少し硬めの投資先が良いかもしれません。

なお、MSCI ACWIは、リーマンショック時に暴落をしていますが、長期で見ると右肩上がりに変わりはありません。

個人的には日本株を除外しているという点で、リスクヘッジをしているつもりです。
また、為替についても人口減少・経済縮小で、長期的には円安に振れていくと思っています。

類似商品との比較

eMAXIS Slim全世界株式(除く日本) と同じくMSCI ACWI(除く日本)に投資する商品は以下の通りです。
やはりぶっちぎりで信託報酬は低く、また実績コストの実績値も最安となっています。

銘柄信託報酬実質コスト
eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)0.1296%
0.223%
野村つみたて外国株投信0.2052% 0.245%
三井住友DCつみたてNISA全海外株0.2700%
0.410%
eMAXIS全世界株式0.6480%
0.734%

以上、 eMAXIS Slim全世界株式(除く日本) について書いてみました。

運用実績もまた記事にしたいと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
東京出身、東京都文京区在住のアラサーサラリーマンです。 共働きで、子育て・仕事と頑張っています。 自分用のメモもかねて、日々の生活で調べた事、学んだ事、経験したことを記事にして紹介します。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 文京区の新米パパ航海日誌 , 2019 All Rights Reserved.