Live in Bunkyo Tokyo

文京区 六義公園の改修工事完了!早速行ってきました

2020/10/13
 
この記事を書いている人 - WRITER -
東京出身、東京都文京区在住のアラサーサラリーマンです。 共働きで、子育て・仕事と頑張っています。 自分用のメモもかねて、日々の生活で調べた事、学んだ事、経験したことを記事にして紹介します。

昨年より長らく改装工事を実施していた、六義公園が、この度2019年8月16日にリニューアルオープンしました。

早速、行ってきましたのでレポートします。

 

改修工事について

昨年8月に入札が行われ、3億3480万円で、日比谷アメニス・グリーン産業JVが受注、昨年11月から7月いっぱいまでの工事期間とされていました。

工事中も、何度か様子を見に行きましたが、地面を全体的に掘り返して、再形成しているようで、かなり大掛かりな改修のようでしたので、どのような公園になるのか、楽しみにしておりました。

また、8/16には開園式も開かれたようです。

https://www.city.bunkyo.lg.jp/var/rev0/0182/2209/rikugikoenkaiensiki.pdf

 

アクセスは?

六義公園は、文京区本駒込6-16に有ります。六義園の南東に隣接した立地です。

東京メトロ南北線、JR山手線の「駒込駅」から徒歩8分、 都営三田線「千石駅」からは徒歩9分です。

駒込駅側の方はコンビニなどが近いですね。

駐車場はありませんが、自転車置き場は公園内に有りますので、ご安心ください。

開園時間

六義公園は、赤レンガの塀に囲まれており、鉄の門が有りますので、夜は門が閉まって入れなくなっています。開園時間は以下の通りです。

4月~10月 8:00~19:00
11月~3月 8:30~18:00
※7/20~31のみ 6:00~19:00

 

どう変わった?

全体図は以下の通りです。北の隅にじゃぶじゃぶ池、その南側に芝生ゾーン、西側は広く開けており、アスレッチックやブランコなどが有ります。

背の高い樹が多く、とても気持ちが良いです。
全てではないですが、遊具も木陰の下にあるような形ですので、直射日光は多少さえぎられて遊びやすいです。
もちろんそれでも気温が高いと幼児には厳しいですが。

 

アスレチック

アスレチックが中央に二つ設置されました。

大きい方のアスレッチックは年長さんぐらい~小学生用でしょうか?
我が家の2歳児も果敢にチャレンジしてましたが、幼児が一人だけで遊ぶには少し危なそうです。

3階建てになっていて、地上から2階へは階段やボルダリングで登れます。
そこからは、はしごや網を伝って上の階まで上がれるようです。

反対側には、3階まで直通の長いボルダリングと、2.5階から滑り降りる滑り台です。
滑り台は日光で熱くなっており素肌だと幼児には熱すぎるので、ズボンが必要ですね。
滑り台は意外とスピードが出るので、小さな幼児は気を付けましょう。うちの子供たちも、勢い余って地面に転げ落ちてしまう場面も有りましたので。。

吊り階段でも登れるようになっていますが、幼児にはまだ危ないかと思います。
平均台やネットを登れるような場所も有り、子供たちも非常に楽しんでいました。

小さい方のアスレチックは、幼児でも楽しく遊べます。
網を上るのが楽しそうでした。

釣り橋も有りますが、こちらは足が落ちることもなく安心感が有ります。
反対側は滑り台になっています。

 

ブランコ

普通のサイズのブランコが4つです。
幼児用のすっぽりはまるタイプのブランコは設置有りませんでした。残念。

時間帯によっては良い感じに日陰になりますので、使いやすそうです。

 

鉄棒

保育園児用と小学生用のサイズで鉄棒が有ります。

 

砂場

小さいですが、砂場も有ります。
ネットが掛けられていましたが、使うときは自由に外してよさそうです。

 

テラス

赤壁沿いにはテラスが設置されました。ちょうどベンチも日陰になるので、読書やコーヒー片手にという使い方も良さそうです。

 

芝生ゾーン

公園の東側には芝生ゾーンが有ります。
ボール遊びや走り回ったりも楽しそうでね。

ただ、文京区のサイトにも記載あるように、育成期間中との事ですので、芝生ゾーンで遊べるようになるのは早くて11月以降でしょうか。

芝生ゾーンは、芝の生育期間が3か月から半年程度必要なため、当面立ち入りができません。

https://www.city.bunkyo.lg.jp/bosai/midori/kouen-topic/kaiennsiki.html

 

じゃぶじゃぶ池

じゃぶじゃぶ池については、別記事をご覧下さい。

   

トイレ

非常に清潔なトイレが出来ました。車いす用にはオムツ替え台も有ります。

 

改修コンセプト

改修にあたって、2017年ごろから近隣住民の方々との意見交換会を複数回実施し、改修方針を策定してきたようです。

キーワードは 大きな木々や広々とした空間、色々な遊び体験、多世代交流、 安全・安心、六義公園(庭園)との繋がり、などだった模様。

主な改修案としては、デザイン化されたトイレの移設、草地広場、水遊び場、テラス等との事で、これらはそのまま取り入れられていますね。

参考までに、区議会議員さんの区政リポートから引用です。

また、遊びゾーンの一つに、プレー パ―クが取り入れられることになりました。全体的なイメー ジとしては、広々とした空間は確保しながら、多世代が楽し め使い勝手に配慮した公園になる予定です。遊具に関しては、
既製品に拘らず、子どもがワクワクする手作り感のある物になる予定です。ツリーハウスも検討しています。区の基本的な 考え方としては、喫煙所は廃止、現状と同様に夜間は閉鎖しペットの入園は禁止、南側のレンガ塀は保存、入口は2箇所 使用となります。

http://yamamotokazuhito.com/wp/wp-content/uploads/2018/09/17_07.pdf


綺麗になった六義公園、是非遊びに行ってみて下さい。

この記事を書いている人 - WRITER -
東京出身、東京都文京区在住のアラサーサラリーマンです。 共働きで、子育て・仕事と頑張っています。 自分用のメモもかねて、日々の生活で調べた事、学んだ事、経験したことを記事にして紹介します。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 文京区の新米パパ航海日誌 , 2019 All Rights Reserved.