Live in Bunkyo Tokyo

子供にマイル特典航空券を使うと損をする!?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
東京出身、東京都文京区在住のアラサーサラリーマンです。 共働きで、子育て・仕事と頑張っています。 自分用のメモもかねて、日々の生活で調べた事、学んだ事、経験したことを記事にして紹介します。

子供の航空券手配について記事にします。

家族が増えると旅行の費用も跳ね上がりますので、できればマイル特典などを使って安く抑えたいところ。
では、子供の航空券にマイルを使うのは有りか?無しか?を説明していきましょう。
※本記事はJALの場合です。

子供の運賃区分は?

まずは、子供の正規運賃はどのような区分になっているかです。
航空会社や国内線/国際線でも異なりますが、JALの場合は以下の通りです。

国内線
・生後8日~3歳未満:無料(大人1人につき膝の上で子供1人まで)
・3歳~12歳   :大人普通運賃の約50%+燃油チャージ(子供にも1席必要)

国際線
・生後8日~2歳未満:大人普通運賃の約10%+燃油チャージ(大人1人につき膝の上で子供1人まで)
・2歳~12歳   :大人普通運賃の約75%+燃油チャージ(子供にも1席必要)

国内線なら3歳になる前までに、国際線なら2歳になる前までが、お得に旅できるという事になります。

なお、国際線幼児(膝の上)の燃油チャージは、大人の半額がかかるようです。

子供のマイル特典航空券をとると損?

では、子供の航空券をマイル特典航空券で取った場合はどのようになるのでしょうか?

残念ながら、JALではマイル特典航空券での子供割引はありませんので、子供でも大人と同じだけのマイルが必要になります。

航空券は正規運賃の他に割引運賃(国内線の先得なら最大81%OFF)もありますので、ケースバイケースでお金を払うか、マイルを使うかを考える必要があるのです。

結局どうする?

ケーススタディで考えてみましょう。

国内線
・生後8日~3歳未満:無料なのでガンガン乗るべし。
・3歳~12歳   :小児運賃(50%)と大人の正規割引どちらが安いか要検討。マイルは損になる場合多し。

国際線
・生後8日~2歳未満:大人運賃の10%で買うべし。マイルを使うのは損。
・2歳~12歳   :小児運賃(75%)よりも、正規割引が基本的に安い。マイルも要検討。

上記のマイル検討の際は、1マイル=1.5円程度で換算してみて計算するのが妥当かと思います。

いずれにせよ、小さいうちに乗るのがお得なのは間違いないので、小さいうちからどんどん子連れ旅行できると良いですね。

この記事を書いている人 - WRITER -
東京出身、東京都文京区在住のアラサーサラリーマンです。 共働きで、子育て・仕事と頑張っています。 自分用のメモもかねて、日々の生活で調べた事、学んだ事、経験したことを記事にして紹介します。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 文京区の新米パパ航海日誌 , 2020 All Rights Reserved.